カテゴリ:撮影日記( 53 )

宮城遠征

 日曜日の朝、急に琴豪州が蕪栗遠征を決めました。ネット情報ではタンチョウが来ているらしいとのこと。
ばたばた車に飛び乗り、「目指せタンチョウ!」、で、どこにいるの?と助手席のチロルに尋ねると、華麗にiPadを操作して「確かに来てるね・・・でも2012年の1月らしいけど」との返事。「ああ今年2013年だっけ」・・・高速に乗ってから自分の早とちりに気づきました。ということで「ではシジュウカラガンを見に行こう」と急に目的変更して化女沼へ。しかし時すでに遅し、シジュウカラガンはもう旅立ってました、しかも大雪のせいで近くの田んぼにはいそうにありません。完全に行き当たりばったりの失敗です・・・。

小鳥探しに変更、かわいいベニマシコ。
d0262018_18164516.jpg

かわいく撮れたので、もう一枚。
d0262018_18171939.jpg

バックが雪だと淡い色が綺麗です。

エナガどアップ。
d0262018_18201657.jpg

OMDで撮りました。んー素晴らしい解像度!

初めて見た鳥もあります。
d0262018_18173985.jpg

オオジュリンでしょうか?

最後にお気に入りシーン、タイトルは「とうちゃん、がんばれ」
d0262018_1818373.jpg

ハクチョウが凍った池の上の氷に上がろうとしているのですが、自分の重みで氷が割れ沈没。
子供がハラハラして見守っているみたいですが、なかなか上がれません。
d0262018_18261372.jpg

最後になんとかはい上がって、めでたしめでたし。「いっしょに帰ろうか」

最後に化女沼に戻って落雁を見てきました。
シジュウカラガンもタンチョウも見れなかったけど、楽しかったのでまあいいか。
[PR]
by kotogoshu | 2013-01-29 18:36 | 撮影日記 | Comments(4)

キツツキたち

あんまり鳥が出ない日でもキツツキをみるとなんとなく鳥見した気分になります。

これはたしか10月頃、チロルが霞城公園で撮ったアオゲラ。
d0262018_12562348.jpg

何度も見かけてはいたものの、はじめてまともに撮れて喜んでいたような・・・。

これは琴豪州が最近、舞鶴山で柿を食うところを撮影。
d0262018_12564244.jpg

アオゲラって配色、模様もすごく派手で写真向きの鳥だと思います。

次はアカゲラ、もしかしたら頭がぶれててチロルは失敗写真と思っているかもしれませんが・・・
d0262018_12575162.jpg

よく見ると体はぶれていないので、高速でキツツキ中なのがわかります。
暗かったのでシャッタースピードが遅かったのでしょう、メカ音痴なので当のチロルはわかってないと思うけど、琴豪州的には情景が伝わりいいシーンだなぁと思います。

最近の琴豪州のお気に入りは・・・これ!
d0262018_1258738.jpg

なんだかアカゲラが目をつぶってつつきまくっているように見えます。
痛いのか、振動がすごいのか・・・「おりゃー」と叫んでいそうです。
[PR]
by kotogoshu | 2013-01-25 13:04 | 撮影日記 | Comments(4)

祝100種撮影達成!

 この「野鳥メモ」は昨年からバードウオッチングを始めたヨメの「チロル」が初見(もしくは撮影)した野鳥を数えるために始めました。
 たしか昨年6月くらいに旅行先でチロルがキビタキやヤブサメを次々と発見したのに興奮してから急に鳥見にはまってしまい、以来夫婦で、「まず100種みてみようか」を目標にバードウオッチングしてきました。
 当初の目標の100種撮影は2013年1月に達成することができました。実際は写真に収めてないだけで見た鳥はあと20~30種ぐらいはあるのですが(特に猛禽など撮影が難しいヤツ)、せっかくの写真ブログなのであくまで「撮影できた」鳥を数えていきたいと思います。初見以外の写真は適当に撮影日記としてアップしていく予定です。

d0262018_13471113.jpg

原崎沼で見たカワセミ、ソフト加工(NIKON V1)

d0262018_13475655.jpg

瓢湖で見たハクチョウの飛翔(CANON 7D)




撮影機材:
琴豪州は2013年1月現在CANONの一眼レフ7D+100-400mm、チロルがCANONのコンパクトデジカメHS40SXです。特に琴豪州はカメラマニアの為、カメラとレンズの売買を繰り返しており、チロルにあきれられております(笑)いくら使ったか計算したくありません(泣)

d0262018_1472534.jpg

このオジロワシの捕食シーンはHS40のノートリ画像です。画質が粗いもののデジスコ並みの望遠が圧巻です。琴豪州がメインカメラを取り出すまでの間に逃げられた鳥も多くありますので、いつでも携帯できる望遠コンデジは野鳥スナップにもってこいだと思います。

d0262018_13501281.jpg

また、今まで琴豪州は10年以上CANONの一眼レフだったので、なんとなくミラーレスを敬遠していましたが、今回サブシステムにマイクロフォーサーズを導入しました。このトラツグミはOLYMPUS OMD+Panasonic100-300mmで撮影しました。値段と重さはキヤノンのシステムの半分以下ですが、なかなかよく写っていると思います。
今後、フィールドスコープなどの多くの機材を持ち歩くときやマイフィールドの霞城公園散歩のときにはかさばらず活躍してくれそうです。


 これからは初見の鳥に出会うスピードも鈍ると思いますので、今年一年かけて50種増のトータル150種の撮影を目指したいと思っています。
[PR]
by kotogoshu | 2013-01-24 14:22 | 撮影日記 | Comments(4)