「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:フィールドノート( 9 )

鳥見納め



今年の鳥見納めに行ってきました。
久しぶりに4時起きして出発。
d0262018_15573540.jpg
マガンの羽音と鳴き声が鳴り響きます
d0262018_18172587.jpg
何度見ても感動します。
d0262018_15581165.jpg
ミコアイサが近くに寄ってきてくれました。珍しい。 
d0262018_16363137.jpg
カンムリカイツブリの首が水面に映っている、の図。
d0262018_16374848.jpg
しかしこの日の朝は氷点下4度くらいで、寒かったです。
d0262018_16385794.jpg
蕪栗沼にはヘラサギもいました。
ずーっと首振ってたけど、疲れないんでしょうか?
d0262018_16401119.jpg
エナガも今シーズン初。めんごい。
d0262018_16404104.jpg
ベニマシコも赤くていい塩梅。
あと、写真は無いけど、オジロワシとオオタカをじっくり観察してきました。
d0262018_15593648.jpg
スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・キジバト・ハクセキレイ・セグロセキレイ・シジュウカラ・エナガ・ツグミ・モズ
ベニマシコ・カワラヒワ・カシラダカ・アトリ・マガン・オオヒシクイ・ダイサギ・コサギ・アオサギ・ヘラサギ
カルガモ・マガモ・オナガガモ・コガモ・キンクロハジロ・ホシハジロ・ミコアイサ・カイツブリ・カンムリカイツブリ・オオバン
トビ・ノスリ・チュウヒ・オオタカ・オジロワシ・ホオジロ・ヒヨドリ・ジョウビタキ・ユリカモメ・アカゲラ・オオハクチョウ(41種)
d0262018_18133626.jpg
久々にいっぱい鳥を見たって感じの鳥見納めでした。

[PR]
by kotogoshu | 2015-12-25 17:25 | フィールドノート | Comments(4)

赤川探鳥会

4月19日と20日は週末と桜が重なり、天気も良かったので山形市の霞城公園は花見客でいっぱいです。
琴豪州夫婦も土曜日はお花見をしてきました。まあ、桜の下で缶ビール飲んできただけですが(笑)

んで、ビールを飲みながらの夫婦会議の末、日曜日は久しぶりの鳥見に出かけよう、という話になり
昨年のシノリガモ以来となる庄内遠征の探鳥会に参加することになりました。

実は私たちは野鳥の会には入っていないのですが、結構探鳥会にはお世話になっております。
運営される方々にはいつも感謝しております、こんなところでお礼を述べさせていただきます。

さて・・・・

d0262018_17533378.jpg
なんとリスがお出迎えしてくれました。
しかもクルミくわえてあごがはずれそう、めっちゃかわいかったです。
10分ぐらいこのまま動かないので、誰かが
「ぬいぐるみの置き忘れか?」
なんて言ってました。
d0262018_17553561.jpg
サクラメジロ
庄内も桜満開だそうです。
山形の霞城公園は人が多すぎて今週の鳥見は無理そうです。
d0262018_17560540.jpg
ミサゴ大迫力!
d0262018_17562162.jpg
飛ぶ姿もかっこいい!

巣が近いのか、何度も私たちの頭の上をグルグル回ってました。
d0262018_17570494.jpg
ひさしぶりのモズ。
木から生えてるみたい?
d0262018_17580424.jpg
そして、チロル初見のアカハラ。
目のくりくりがかわいい!

d0262018_17572556.jpg
一生懸命地べたを掘ってたけど、虫でも探してたのかな?
解散間際に長時間、私たちを楽しませてくれました。


ということで、30種+αの充実の鳥見となりました。
探鳥会ということで写真の枚数も少なく、クロツグミとかルリビタキなんかはシャッターチャンスを逃してしまいました。
とはいえ、なんだか久しぶりに「見た」って感じた、後味の良い探鳥会でした。
最後に会員の方から山菜の「あまどころ」をいただきました。ゆでて食べてみましたが、美味しかったですョ。

4月20日 晴れ

ツバメ、ミサゴ、クロツグミ、ルリビタキ、アカハラ、
ツグミ、ベニマシコ、ヒドリガモ、マガモ、コガモ、
キジバト、ヒヨドリ、カケス、ウグイス、トビ
メジロ、ハクセキレイ、ハシボソガラス、ホオジロ、アオサギ
スズメ、カルガモ、ハシブトガラス、カワラヒワ、エナガ
シジュウカラ、キジ、コゲラ、モズ、カイツブリ
+ リス(ホンドリス)

以上30種&1匹

そうだ、ひとつ思いだしたので追加。
ヒヨドリってこの時期に集団で渡る(国内移動?)んですね。
200羽ぐらいの大集団で横一列に飛ぶ姿は壮観でした。
あんなの初めて見ました、いやーびっくり。

[PR]
by kotogoshu | 2014-04-20 18:19 | フィールドノート | Comments(4)

干潟にて

さて先日の宮城探鳥ですが、一応見た鳥を整理してみました。
海岸で最初に迎えてくれたのはこの鳥です。
d0262018_17415353.jpg
縄張り宣言でしょうか、まあ、ビヤビヤとうるさいこと(笑)
d0262018_17421496.jpg
降りてきたら、こんな感じです。トサカ立ってるぞ!
d0262018_17422906.jpg
こっちはまん丸アタマで、メスかしら。なんだかめんごいですね。
d0262018_17414241.jpg
ピンクの貝がらです。かわいいので撮ってみました。

宮城の海岸に来ると、どうしても震災のことを考えずにはいられません。特にこの季節は。
でも次第に、沿岸部に行くこともその土地の人の為なのかなとも思うようになりました。
金を落とす、という意味だけではなく、自分の中での震災を風化させないためにも。

d0262018_17413386.jpg
おやおや大小8羽のシギがいるぞ。
ダイゼンとイソシギと思いますが、どうでしょうか?
d0262018_18182991.jpg
これは琴豪州のベストショット、さっきの軍団が一緒に飛んでる!
同じところで餌取ってたし、仲いいのかな?
d0262018_17420323.jpg
先日のホウロクシギの着陸シーン。飛行機みたいだね。
d0262018_17423954.jpg
最後に原っぱでヒバリにバイバイして鳥見終了。すいぶん暖かくなったな、と感じられる日でした。
あと写真点検したら、まだコクガンも残ってましたよ。



H26.3.16晴れ 22種

ダイゼン・イソシギ・ホウロクシギ・コクガン
オオセグロカモメ・セグロカモメ・ウミネコ・ユリカモメ
オナガガモ・ヒドリガモ・マガモ・ウミウ・アオサギ
トビ・ツグミ・ヒバリ・ホオジロ・ハクセキレイ
スズメ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス




[PR]
by kotogoshu | 2014-03-20 18:13 | フィールドノート | Comments(2)

福島・小鳥の森

今シーズン初の福島遠征ですが、朝寝坊したので昼近くに到着しました。

鳥見に来ている人が沢山いて、その方向を見るとトラツグミがお出迎え。
d0262018_13272585.jpg

赤い実を餌にしているみたいです。昨年は舞鶴山とかで見たけど、今シーズンは出会ってないので来たかいがありました。
d0262018_13302723.jpg

マヒワのなる木を通って坂を下ると
d0262018_13311533.jpg

去年もいた青い鳥。でも今回はサービス悪く一度しか出てきてくれなかったです。
さっきトラツグミが出た場所に戻るとまた別の鳥が
d0262018_1336852.jpg

ガビチョウです、初めて見ました。
でも外来種なんだとか、この前の探鳥会でもなんか嫌われてたような(笑)
d0262018_13381147.jpg

今シーズン初のシロハラ、ツグミ類は目がクリクリでかわいいいね。
d0262018_1339869.jpg

帰る間際にもう一回トラツグミが出てきてくれました。

H26.2.2 晴れ
福島小鳥の森と麓の川

24種+1

ルリビタキ・トラツグミ・ジョウビタキ・シロハラ・マヒワ・エナガ・
カシラダカ・シメ・コゲラ・ヤマガラ・メジロ・シジュウカラ・カワラヒワ・
ヒドリガモ・キンクロハジロ・オナガガモ・コハクチョウ・オオハクチョウ
ヒヨドリ・スズメ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・(ガビチョウ)
[PR]
by kotogoshu | 2014-02-13 13:34 | フィールドノート | Comments(2)

伊豆沼から蕪栗沼

伊豆沼~蕪栗沼、今シーズンは4回目の出動です。
d0262018_1312998.jpg

いきなりチロルがオオタカ発見です。なかなかとまってるところの写真がなかったので良かったです。
d0262018_1314326.jpg

可愛いのがうろちょろ
d0262018_13142430.jpg

メスのほうが好きかも。
d0262018_1315759.jpg

ミコアイサも割と近くまで来てくれたので、今日はメス中心に激写。
d0262018_13155529.jpg

カシラダカって意外と赤みがあるのね!
d0262018_13162929.jpg

カリガネは4回中2回会えました。毎回琴豪州が発見します。
d0262018_13182764.jpg

オジロワシはチロルが発見、なぜか猛禽はよく見つけます。
d0262018_13193348.jpg

シジュウカラガンは200羽くらいの大きな集団でした。

1月26日 38種
オナガガモ キンクロハジロ コガモ スズガモ ハシビロガモ ホオジロガモ
ホシハジロ ミコアイサ オオバン マガモ カルガモ カワアイサ
タゲリ マガン オオヒシクイ シジュウカラガン カワウ ダイサギ アオサギ
オオハクチョウ コハクチョウ オオタカ オジロワシ チュウヒ ノスリ トビ 
ツグミ カシラダカ ベニマシコ モズ シジュウカラ ホオジロ
カワラヒワ ハクセキレイ ヒヨドリ ムクドリ スズメ ハシボソガラス
[PR]
by kotogoshu | 2014-02-03 13:23 | フィールドノート | Comments(2)

庄内探鳥会Ⅱ

12月8日、月山道路はすでに雪道。
d0262018_16561819.jpg

次第に雪景色が圧雪道路へと変わり、冬が来たことを実感しました。

そんな中、今年最後の探鳥会に参加いたしました。
d0262018_16581229.jpg

今日の目当てはコレ、シノリガモです。模様が実にかわいいです。

d0262018_17113932.jpg

まるでウエットスーツを着たような羽毛の光沢感は「ひょっとしてゴム製?」みたいな感じです。

d0262018_1703756.jpg

内陸住まいの私たちには、海にたむろしているカルガモもちょっと不思議な印象です。

d0262018_1725887.jpg

逆にスズガモは海に多いことを教わりました。
キンクロと似てるのに生態は結構違うようですね。

d0262018_1721936.jpg

イソヒヨの正面もちょっと笑えます。

d0262018_1741653.jpg

おめあてその2、ウミアイサ、つんつん頭が特徴です。カワアイサと似てるけど、やっぱり違うね!

d0262018_1755842.jpg

なんとカワウがヒラメを食べてる!でっかいのを丸呑みしましたよ、みんなびっくりです。

d0262018_179175.jpg

ちなみにこっちはウミウです。
くちばしのところで見分けるのですが、同じ場所に両者が混在してますので写真判定といたしました(笑)。

d0262018_17121397.jpg

最後にヒメウが近くに来てくれてバイバイしてくれました。
冬は真っ黒ですがよく見ると顔はかわいらしいかも?

d0262018_17215962.jpg

雨と雪がちらつき、そしてなんといっても強風の中でちょっと大変でしたが、ベテランの方にいろいろ教えていただいて、とてもいい勉強になりました。

12月8日 
トビ、セグロカモメ、ウミネコ、イソヒヨドリ、ウミウ、
シノリガモ、カワウ、スズガモ、ハクセキレイ、カルガモ、
マガモ、ヒメウ、ウミアイサ、カンムリカイツブリ、オオセグロカモメ、
ハシボソガワス、ハシブトガラス 以上17種
[PR]
by kotogoshu | 2013-12-08 17:16 | フィールドノート | Comments(6)

庄内探鳥会

11月24日 庄内の探鳥会に参加しました。

今年の山形県の週末はなぜか天気悪いことが多くて、
年間通してあまり探鳥会に参加できませんでした。
この日も山形市を雨の中出発し、山道もずっと雨でしたが現地付近でやっと晴れてきたので、
ひさしぶりに夫婦そろって探鳥会に参加することができました。

この日の目的は冬のカモですが、下池につくとまずはカワセミがお出迎え。
d0262018_13195067.jpg

若セミのようでまだ色がくすんでますが、目の前に何度も飛び出してくれました。
d0262018_132027.jpg

でもまだエサ取りは上手でないらしく、成鳥なら9割以上の成功率とのことですが、
このチビちゃんは3回ダイブして、やっと餌をゲットしてました。
d0262018_13201185.jpg

ちょっとアップも。
とりあえず近くでカワセミ見れたし写真も撮らせてくれて気分よくスタートすることができました。

さて次はカモさがし。とにかくベテランさんは見つけるのが早い。
この日の目玉はトモエガモで、
「あそこに4羽、こっちにつがいでトモエいるよ」とか教えられるのですが、
琴豪州、チロル共に全然見つけられません。
一視野内にカモが多すぎて、フィールドスコープに導入してもらってもわからない始末です。
d0262018_1328244.jpg

とはいえ、だいぶ目も慣れたころにやっと見つけました。
頭の白いハチマキが目印ですが、クチバシを隠して寝てたり、
光の加減で見えにくくなったりしてまったく油断できません。
d0262018_13275322.jpg

コガモとの大きさ比較です。

いっぱいいるカモとは対称的に小鳥は少なかったです。
d0262018_13411295.jpg

写真を撮れたのはヤマガラくらいです。
d0262018_13414562.jpg

写真はダイサギですが、よく間違うチュウサギはこの季節はいないそうです。
そういや、カモはいっぱい見たけどキンクロいなかったな、まだ来てないのかな?

最後に帰り道で出会ったチョウゲンボウ。
d0262018_134581.jpg

d0262018_13452988.jpg

写真は羽切れたのが残念だったけど、ひさしぶりに気持ちいい青空&探鳥会でした。

H25.11.24 曇り・晴れ 鶴岡下池 37種

オオヒシクイ・マガモ・オカヨシガモ・ヒドリガモ・オナガガモ・
オオバン・ミコアイサ・トモエガモ・コガモ・ハシビロガモ・
ホシハジロ・コハクチョウ・ヨシガモ・カワアイサ・カンムリカイツブリ・
カワセミ・カイツブリ・カルガモ・ダイサギ・アオサギ・
カワウ・ヒヨドリ・キジバト・ホオジロ・キセキレイ・
オオタカ・トビ・ノスリ・カケス・モズ・
ヤマガラ・コゲラ・シジュウカラ・ケラSP・スズメ・
ハシブトガラス・ハシボソガラス
[PR]
by kotogoshu | 2013-11-25 13:50 | フィールドノート | Comments(0)

蕪栗沼

11月3日、文化の日。蕪栗沼周辺でカリガネをあっさりみつけてしまったので、いつもの蕪栗探検です。
オオヒシクイに混ざって、タゲリがお出迎えです。
d0262018_18415067.jpg

アオサギとタゲリ。
d0262018_18421223.jpg

前回はシギを見つけることができなかったけど、ツルシギも集団で見つけました。
d0262018_1844128.jpg

これが今回一番悩んだ鳥です。
なぜかオオヒシクイの集団に一羽だけいたのです。
d0262018_1845248.jpg

一瞬ハイイロガン?とおもいましたがマガンの幼鳥だそうです。
個体差って難しいですね。

ジョウビタキも今シーズン初かな。
d0262018_18462444.jpg

オスメス仲良く出てきてくれました。
オレンジ色がかわいいですよね、ぽってりお腹をなでてみたい(笑)
d0262018_1846573.jpg

あの「シーシーシー」っていう鳴き声聞くと、なんだか冬だなって気がします。

潜水ガモ発見!潜水時間が長くてなかなか写真を撮らせてくれません。
d0262018_18483174.jpg

双眼鏡ではホシハジロだと思いましたが、写真で見るとオオホシハジロではないかと思います。

お尻の白い模様が特徴的なオカヨシガモ。
d0262018_18501219.jpg

その他、頭が緑のヨシガモもいました。
なぜかこの日はいつもいっぱいいるヒドリガモを見つけられませんでした。

田んぼにはヒバリ。
d0262018_18522047.jpg

メスかな?
d0262018_18525174.jpg

最後にジョウビタキが枝の上に出てくれてバイバイしてくれました。
カリガネからスタートの鳥見はとっても気分が良かったです!

H25.11.3 晴れ 蕪栗沼 30種
 
マガン・カリガネ・オオヒシクイ・オオハクチョウ・コハクチョウ・
タゲリ・ツルシギ・アオサギ・ダイサギ・オオバン・
モズ・ハクセキレイ・ホオジロ・シジュウカラ・ヒバリ・
オカヨシガモ・ヨシガモ・マガモ・オナガガモ・コガモ・
ジョウビタキ・カシラダカ・チュウヒ・トビ・ノスリ・
オオホシハジロ・ハシビロガモ・カイツブリ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・
[PR]
by kotogoshu | 2013-11-08 18:54 | フィールドノート | Comments(5)

蕪栗沼・伊豆沼

夫婦で鳥見を始めてから1年以上が経過し、だいぶ鳥も見分けられるようになってきた気もしますので、、これからはいっぱしのバーダーのつもりでフィールドノート形式で記録しようと思います。

さて日曜日、庄内の探鳥会に参加しようと思っていましたが天気が悪いので、急遽宮城へいくことにしました。
まずは化女沼で情報収集。マガンはもうすでに7~8万羽くらいきているとのこと。ただし最初は伊豆沼にきて次に蕪栗沼、さらにそこが満員になると化女沼にくるらしく、化女沼ではガンたちは見れませんでした。
d0262018_1636583.jpg

蕪栗にまわると早速ガンの群れに遭遇。
d0262018_16371439.jpg

カリガネは見つけられなかったですが、伊豆沼でシジュウカラガンを見つけました。
カメラを準備している間に飛ばれてしまって写真は無しですが、ばっちり観察できました。
d0262018_16361245.jpg

沼をみるとカモ類も増えています。ハクチョウやオオヒシクイもいました。
d0262018_1636191.jpg

モズも久しぶりに遭遇です。
d0262018_16363785.jpg

ハクセキレイがトンボを採っています。
d0262018_16364728.jpg

スズガモ、ヨシガモなんかも混ざってました。

この日見た鳥、
マガン・オオハクチョウ・コハクチョウ・マガモ・オナガガモ・コガモ・ヒドリガモ・ヨシガモ・ハシビロガモ・カイツブリ・オオバン・ホシハジロ・オオヒシクイ・アオサギ・ハクセキレイ・トビ・チュウヒ・チョウゲンボウ・ミサゴ・モズ・ノビタキ・スズメ・エナガ・カワウ・ヤマドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・スズガモ・キジバト・ホオジロ・ノスリ・シジュウカラガン
[PR]
by kotogoshu | 2013-10-27 16:35 | フィールドノート | Comments(0)