「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

上野動物園

先日仕事で東京出張がありまして、新幹線で帰るまでちょっと時間があったので上野動物園へ行ってきました。
d0262018_13552599.jpg

お約束のパンダなぞ見つつ、あとは鳥を観察。
d0262018_13553574.jpg

大人気のシロフクロウ、首をこっち向けるたび観客大爆笑です。たしかにカワイイよね。
d0262018_1358587.jpg

お次は初めて見るタンチョウです。
九州でツルをいっぱい見た後だから実感しますが、かなり大きいですね。
「いつか北海道へ天然ものを見に行くぞ!」と心に誓いました。
まあ、東北まで来てくれてもいいんですけどね(笑)

d0262018_1414888.jpg

しかしながら鳥の中で一番人気はこのハシビロコウでしょう。
ぬいぐるみも売ってたし。アンバランスな体型に木の靴みたいなクチバシ。
d0262018_143034.jpg

一度見れば絶対忘れない鳥ですよね。
何を狙っていたのか分かりませんが、ずっと張り付いているカメラマンもいました。

さて、動物園ではあまり人気のないガンの仲間です。
琴豪州はニセカリガネ(マガン)にだまされて以来、ガンの図鑑を見まくりましたので、顔のアップで特徴をおさらいします!
d0262018_1435520.jpg

マガンもよく見るとアイリングの構造がわかりますね。首の模様も見えます。
d0262018_1462255.jpg

ヒシクイはクチバシばかりに目が行きがちですが、首の回りが毛糸のセーターのようにきれいな模様になっているのがわかりました。
d0262018_148624.jpg

シジュウカラガンはくちばしが短いです。頭の形と体の大きさでカナダガンと区別するようです。
d0262018_1413362.jpg

じっとみてたら・・・ありゃ、通路に飛び出してきたぞ。これではノラシジュウカラガン?(笑)
d0262018_14143483.jpg

上の写真の直後、しゃがんで写真を撮ろうとしていたチロルに突進、カメラ越しに突っつかれました。
びっくりしたチロルは思わず尻もち、カメラのレンズにも少々傷が。
絶滅危惧種なのに気性が荒い・・・・

d0262018_14192023.jpg

なぜか水槽に自分を映して黄昏ているシジュウカラガン。本日のお気に入りショットです。
・・・・でもやっぱり、このあと激しくガラスをつっついてました(笑)
[PR]
by kotogoshu | 2013-02-28 14:21 | 撮影日記 | Comments(4)

ホシムクドリ

自宅は大雪の中で出かけた九州ですが、出水市ではなんと菜の花が咲いていました(2月10日)。
d0262018_1292965.jpg

確実に春が近づいていますね。農作業のビニールハウスに集う鳥たちもなんだかキラキラ光っています。
d0262018_1295382.jpg

いや、鳥自体ほんとにピカピカしているぞ・・・むむ、あれは・・・ホシムクドリでは?
d0262018_12101184.jpg

よく見るとすごくハデな鳥ですね。毛先が白く矢印型になって星模様になっているみたいです。
d0262018_12131950.jpg

光が当たると毛が虹色に反射してとても美しいんです。思わず見とれてしまいました。
d0262018_12132821.jpg

最後にチロル画像です。それにしてもこんなきれいな鳥を近くで見れて良かったです。
[PR]
by kotogoshu | 2013-02-22 12:16 | 野鳥 | Comments(4)

ニュウナイスズメ

九州編もだいぶ終盤に差し掛かりました。
何気なく電線を見てみますが、なんとなく雰囲気が普段のスズメと違います。
d0262018_847085.jpg

ちょっとアップ、なんかスッキリした感じの模様にみえます。
これはニュウナイスズメではないでしょうか?
d0262018_847753.jpg

たぶん♂、普通のスズメと比べるとほっぺの黒がありません。
d0262018_8474273.jpg

たぶんこっちは♀ですね。図鑑見るまで別の鳥ではないかと勘違いしてました。
d0262018_8505366.jpg

なんだかオスメスで模様が違うのもノーマルスズメとニュウナイスズメの違いでしょうか?
d0262018_8503390.jpg

最後にチュン!
[PR]
by kotogoshu | 2013-02-22 08:54 | 野鳥 | Comments(0)

ツクシガモ

ツルを見てたら、隣にいた地元(と思われる)の方が「ツクシもおるとよ!」と声をかけてくれました。
d0262018_13524222.jpg

よく見ると何羽か遠くの水面に浮いています。
d0262018_1353346.jpg

たまたまツルの田んぼに来てたみたいですね。
d0262018_1353437.jpg

出水以外での予定がなかったのでツクシガモ見れてラッキーでした。
d0262018_13535483.jpg

「ツクシもおるとよ!」が琴豪州のツボにはまり、いつまでも思い出し笑いしてました。
[PR]
by kotogoshu | 2013-02-19 13:58 | 野鳥 | Comments(6)

ミサゴ

ミサゴのダイビングにも遭遇しました。
d0262018_13373433.jpg

魚を見つけたようです。
d0262018_13374596.jpg

いきなり急降下。
d0262018_1338079.jpg

ドボーン!
d0262018_13381245.jpg

魚を捕まえているところ。
d0262018_13382193.jpg

うまく捕まえました。パチパチ。

最後にミサゴのカッコイイ写真。
d0262018_1346434.jpg

これぞ獲物を狙う目ですね!
[PR]
by kotogoshu | 2013-02-19 13:46 | 野鳥 | Comments(0)

タゲリ

九州でよくであったタゲリです。
d0262018_13271334.jpg

色はきれいだし、ちょんまげもあるし、ついつい何度もシャッターを押してしまいます。
d0262018_13273257.jpg

なんだか同じような写真ばかりになってしまいました。
d0262018_13291346.jpg

[PR]
by kotogoshu | 2013-02-19 13:30 | 野鳥 | Comments(0)

コクマルガラス

お次はコクマルガラス。ミヤマガラスの集団にポツンと佇む。
d0262018_8551946.jpg

淡色型がパンダ模様でわかりやすい個体。地味な暗色型は判別できませんでした。
d0262018_855302.jpg

田んぼでもやはりポツンと1羽
d0262018_858411.jpg

九州の人に「パンダみたいなカラスがいるんですね!」と興奮気味に話したら、「全然気づきませんでした」だって。鳥に興味のない人にはあたりまえか~(笑)
d0262018_13332316.jpg

こんな感じのカラスの集団、コクマルガラスが混じっているかも?
[PR]
by kotogoshu | 2013-02-19 09:01 | 野鳥 | Comments(0)

ミヤマガラス

ツル観察センターでまずはじめに目についたのは、ミヤマガラス。
d0262018_8432170.jpg

電線にとまるカラスが、ふだん見慣れたハシボソ&ハシブトとは違っているので不思議な感じ。
d0262018_843416.jpg

クチバシが細くて白いんですね。
d0262018_8445778.jpg

カラスにカメラを向けていた人はきっと本州から来たんだろうと思いました。
[PR]
by kotogoshu | 2013-02-19 08:47 | 野鳥 | Comments(0)

ソデグロヅル

出水でツル5種制覇、最後はソデグロヅル。なんと1万3000羽中の1羽・・・これは気合を入れてかからねば!
d0262018_13453959.jpg

あっさり発見、色が違うし何よりでかい、幼鳥とのことでしたが。
d0262018_13455341.jpg

マナヅルと比べるとよくわかります。
d0262018_1347413.jpg

畦を歩いて近寄ってきました。
d0262018_13473753.jpg

飛び立つ瞬間、ほんとにソデが黒いことがわかりました。
[PR]
by kotogoshu | 2013-02-18 13:48 | 野鳥 | Comments(4)

クロヅル

クロヅルはさらに少なく、今季7羽とのこと。
d0262018_13352621.jpg

結局この1羽しか見つけられず。
d0262018_133618.jpg

エサ取りしてるところ。
d0262018_1335952.jpg

首の黒いのが特徴です。


おまけのナベクロヅル。
d0262018_13382812.jpg

交雑種とのことで、ツル観察センターの人が教えてくれました。
[PR]
by kotogoshu | 2013-02-18 13:39 | 野鳥 | Comments(0)