タグ:蕪栗沼 ( 12 ) タグの人気記事

おとしだま?



あけましておめでとうございます。
今年の鳥見は伊豆沼~蕪栗沼コースからスタートです。
昨年まではカリガネキングと呼ばれ、自称しておりましたが
今年は返上したいと思います・・・。

d0262018_09084905.jpg
朝の寝坊で、飛びたちには間に合わず、ゆるゆる沼見物から。
もうこの時間帯だとハクチョウしかいませんね。
カモとか小鳥さがしもしたんですが、それはまた後日。

d0262018_09122555.jpg
さていつものようにマガン集団をチェック!
これをやらないと気分が乗りませんなw

d0262018_09115120.jpg
いくつか田んぼのマガン集団をチェックすると
いきなりカリガネ発見!
今年の琴豪州もそのカリガネ発見眼力は衰えておりません!

d0262018_09090198.jpg
チロルも確認!
間違いありませんね、ウンウン、かわいい!

d0262018_09101206.jpg
チロルが別集団をチェック
「あれ、こっちにもカリガネいるよ」
今年のワレワレはついてる感じ?
でもなんか、えもいわれぬ違和感がぬぐえません。

d0262018_09103158.jpg
あ、首あげた!!!これってもしかして・・・

d0262018_09095344.jpg
手前のマガン以外、全部カリガネ!!
こんなことってあるの?
ふつう逆でしょ(笑)

カリガネの集団見た人がいるって風のうわさで聞いてましたが、
きっとガセだと思ってました、スイマセン。
新春そうそう、えらいものに遭遇してしまいました!

d0262018_09241558.jpg
まるで鳥見の神様からのお年玉のようです。


しばらくこの集団を観察してから、ややおいて
今度は隣の田んぼをみてみると・・・
もしかして、あれ、こっちも?
d0262018_15372763.jpg
んん?

d0262018_15374864.jpg
んんん?

d0262018_15375950.jpg
んんんんん???

d0262018_09105468.jpg
なんじゃこりゃー!!!!!!!!!!
カリガネが一列に並んでる!(上3枚と同一写真です)

・・・カリガネと同数のビックリマークをつけてみました(笑)

d0262018_09110994.jpg
結局チロルが辛抱強く数えたところ(琴豪州は断念w)
10羽のグループと42羽のグループを確認し
少なくとも50羽以上のカリガネ大集団でした。

d0262018_09112917.jpg
いかがでしたか?カリガネ祭り。
いきなり予想外のお年玉をもらった気分で
いまだ興奮冷めやらず、といったところです。

ということでカリガネキングを返上し
今後は「スーパ-カリガネキング」と名乗らせていただきますw。

最近は鳥見に出かける回数も減りがちでしたが、
たまに今回みたいな僥倖があるのでやめられませんね。
ボチボチの更新にはなりますが、今年もよろしくお願いします。


[PR]
by kotogoshu | 2017-01-09 10:05 | 野鳥 | Comments(6)

念願ハクガン

寒くなってきたので毎年恒例のガンさがしです。
いきなりのハイライトからスタート!
d0262018_15265093.jpg
3年越しで見ることのできたハクガン!
クチバシがピンク色なので成鳥ですね。

d0262018_15270102.jpg
飛んでる姿も美しい。
・・・飛ばすなよって言われるかもですがw

d0262018_15271307.jpg
今度は飛ばさないように遠くから観察。
クチバシが黒いので幼鳥が4羽のようでした。

d0262018_15280444.jpg
沼に移るとまず、オオヒシクイ。

d0262018_15272371.jpg
ふらふらーと歩く
ヘラサギも混ざってました。

d0262018_15273744.jpg
ハマシギかな、ほとんどクチバシが見えないほど突っつきまくり。
落ち着けって言いたくなります(笑)

d0262018_15274900.jpg
ツルシギ、クチバシの赤いのも確認できました。

d0262018_15281495.jpg
これはオオハシシギとしましたが、遠かったのと
クチバシが見える写真が少なかったので、ちと自信ナシです。
ちなみに1羽のみでした。

d0262018_15282939.jpg
この日はカリガネやシジュウカラガンは見られなかったけど
念願のハクガンがじっくり見れて良かったです。
またいくぞー!



[PR]
by kotogoshu | 2016-11-04 15:37 | 野鳥 | Comments(2)

カリガネ

九州旅行に行く当日ですが、飛行機に乗るまで3時間ほどの空き時間があったので、ちょっと蕪栗沼に遠征してきました。もちろん先週見逃したカリガネが気になってのことです。しかしながら「ちょっと」とはいえ、仙台空港から片道約一時間、正味1時間の滞在時間で、はたしてカリガネ探しのリベンジなるんでしょうか?勢いで九州行を決めたくせに、やっぱりカリガネが気になって仕方ない琴豪州は、空港でゆっくりしたいチロルに無理を言って付き合ってもらいました。

d0262018_14164733.jpg


そんなこんなで蕪栗に着きましたが、先週に比べマガンの数が少ないのです!これはやばい、先週わんさかいた場所にも一羽もいないんです。前日に降った雪のせいか田んぼが真っ白で餌が見つからないのかもしれません。しかたなく蕪栗沼から少し場所を移動して、やっとマガンの集団を発見しました。今回は一羽一羽丁寧に観察します。この1週間ずっとカリガネ画像を見ていたので、黄色いアイリングに騙されないようにチェックします。

でもやっぱりマガンばかりで、「やっぱりだめか~」とあきらめムードが漂い始めます。それでも2-300羽ぐらいチェックしたでしょうか?5つほどの田んぼを丁寧に見て回るとあっという間にタイムリミットです。そろそろ最後にしようかと思った瞬間、逆光ながら「なんか小さいのがいる!」とマガンの集団にちょっと違和感がある個体を発見。双眼鏡を向けると、「顔が白い、目の周り黄色い、くちばし短い&ピンク色!」これは間違いないんでは・・・

ということで、念願のカリガネらしき発見です。マガンの集団のはじにいました。
d0262018_134121100.jpg

ずっと田んぼに頭を突っ込んでいましたが、まず手前のから首をあげました。うまく言えないけど、マガンとは確実に違うんです。かわいいな~。
d0262018_1341578.jpg

しばらくすると前のも首をあげたぞ!これもカリガネぽいぞ。マガンに比べて頭が丸いのかな?
d0262018_1343030.jpg

目もクリクリしている気がする。たぶんどっちもカリガネでしょう!2羽ゲットだよね、やったー。
d0262018_13432850.jpg

さいごに振り向き、やっぱりかわいいね。
d0262018_13435581.jpg

どうでしょうか、間違いないと思うんだけどな~。

うーん、うまく説明できないけど前回NOBUさんに指摘された通り、カリガネは一度見ればマガンとは印象が違うのがわかるような気がしました。
図鑑では鑑別点にアイリングが強調されていますが、実際はアイリングだけでは見分けが難しく、マガンとは全体的なシルエット(特に頭部)が違うんじゃないかなと感じました。
要は・・・なんか「カワイイ」んですよ、マガンと比べて。
まあ、頭のカタチとかくちばしの微妙な違いとか、なかなか文字にしにくい部分ですものね。

参考まで、頭まで真っ白のマガン。よく見るとうっすらアイリングもありますが・・・
d0262018_1604194.jpg

あんまりかわいくないっ!先週の自分なら騙されてたかも?

ということで、琴豪州的には夢にまで出てきたカリガネを完全自力で見つけられて大満足でした。
これで気分よく九州に行けるぞ!と・・・
[PR]
by kotogoshu | 2013-02-12 14:09 | 野鳥 | Comments(6)

宮城遠征2

先週のリベンジ宮城へGo!まずはマガンから。
d0262018_20193247.jpg

大雪の中の鳥見スタートです。ちょっと心配ながら化女沼へ。

気温は0℃くらいですが、風がすごい、体感温度はマイナス15度くらい?
そんな中で波に揺れる、かわいいミコアイサのメス。
d0262018_20162499.jpg

最近はミコアイサが増えてるらしいです。

今日の目的その1、カリガネでしたが・・・。
d0262018_20233841.jpg

目の周りが黄色い!しかしながらこれはマガンのアイリングが見られるものとのご指摘を頂きましたので、ニセ認定(笑)
d0262018_73213100.jpg

これもカリガネと思って撮ったものですが・・・やっぱりマガンでした。

目的その2、シジュカラガン。
d0262018_20244923.jpg

足に標識つけているのも見つけました。
夕方はシジュウカラガンの飛びたち、沼に戻ります。
d0262018_20164728.jpg

マガンと一緒にいるけど別行動のようです。

チロルが「なんか白いのがいる!」と車をUターン。
d0262018_202729.jpg

d0262018_20272586.jpg

これは、どうやらマガンのアルビノ(白色個体)らしいです。

おまけのオジロワシ、チロル撮影。推定400mm先、マガモを食べていたみたいです。
d0262018_7324517.jpg

琴豪州が三脚立てている間にトビにちょっかい出されて飛んで行ってしまいました。

ということで、シジュウカラガンは見つけられましたが、カリガネは勘違いの(仮)ガネしか見ていなかったので、また宮城に行く理由ができました。コミミズクもいるらしいよ、チロルよろしく(笑)
[PR]
by kotogoshu | 2013-02-03 20:29 | 撮影日記 | Comments(6)

ベニマシコ

蕪栗沼でオジロワシを堪能した後、かわいい声でさえずっているのに気づきました。
d0262018_18553618.jpg

ピンク色の姿がなんともかわいらしいです。雪の降る中で絵にもなります。
[PR]
by kotogoshu | 2012-12-28 18:54 | 野鳥 | Comments(0)

チュウヒ

蕪栗沼でオジロワシを見ていた時に、おこぼれにあずかろうと近くに待機していたチュウヒ。
d0262018_1851683.jpg

遠くてわかりにくかったのですが、近くにいたバードウオッッチャーの方にチュウヒだと教えていただきました。
この後、オジロワシの落とした肉?を食べていました。
d0262018_13182399.jpg

地べたにいるチュウヒ(追加)
[PR]
by kotogoshu | 2012-12-27 18:50 | 野鳥 | Comments(0)

オジロワシ

12月24日は蕪栗沼へ。クリスマスプレゼントなのか・・・今年のバードウオッチングを締めくくるにふさわしい、ものすごいシーンに出会うことになりました。
d0262018_1419756.jpg

見よ!この精悍な姿、嫁と二人で大興奮です。福島潟でもマメツブくらいには観察したのですが、こんなに近くで見れたのは初めてです。

しかしながら圧巻はその後始まる食事シーンでした、画像はグロいので注意してください。
d0262018_14202686.jpg

なんと、オナガガモらしきを木の上で食べています。この間約30分、毛をむしりながら上手に完食していました。
まわりにはオコボレにあずかろうとしているカラスやチュウヒがいました。下ではオオヒシクイやカモたちが大合唱していました。私のことも見えているのか、なんどもファインダー越しに目が合いました。
d0262018_14245179.jpg

食物連鎖の頂点に立つ猛禽類ですが、捕食シーンを見てしまうとその大自然の法則に感動せずにはおれませんでした。
[PR]
by kotogoshu | 2012-12-25 14:17 | 野鳥 | Comments(0)

オナガ

蕪栗沼遠征時に、集団で見かけましたが、ちょっと遠すぎ証拠写真のみ。
d0262018_1428847.jpg

ゲーという声さえ聞かなければ、色もきれいだしかわいい鳥なんですけどね。
[PR]
by kotogoshu | 2012-11-26 14:29 | 野鳥 | Comments(0)

ツルシギ

これも蕪栗沼です。シギ類はなぜか3羽くらいの集団でいることが多いような?
ツルシギの冬羽と思われます。
d0262018_8354668.jpg

下のくちばしが赤いのがツルシギだそうです。アカアシシギとは眉斑が異なるようです。
d0262018_12161022.jpg

[PR]
by kotogoshu | 2012-11-12 08:36 | 野鳥 | Comments(0)

オオハシシギ

蕪栗沼で見たオオハシシギです。鳥を見に来ていた人と何人か会いました。
d0262018_12435195.jpg

かなりの枚数をとったはずでしたが、ほとんどくちばしを突っ込んでる写真ばかりで、「このシギたちはどれだけつつきまくってるんだ!」と思いました。
[PR]
by kotogoshu | 2012-11-10 12:43 | 野鳥 | Comments(0)